このサイトに関する問い合わせ、
ご意見、ご要望は管理人まで 
2017年7月23日

ローマ人への手紙 1章22〜27節

                    < 人の罪が変えた三つ >


 ローマ書1章に三回繰り返している動詞があります。「変える」です。
(1)神の栄光を偶像に変える。
(2)神の真理を虚偽に変える。
(3)自然の関係を不自然なものに代える。

 大体、同じ意味の動詞です。人間の邪悪な罪が本物を偽物に変えました。きよいものをけがれたものに変えました。


1.神を偶像に変える(間違った勇気)
 創造主神を偶像の形に表すことは恐ろしいことなのに、怖くないようです。人間は最初の罪には恐れを感じます。

 しかし、回数が増えると大胆になります。とても怖いはずなのに、罪を実行しようとする瞬間、その勇気はどこから来るのでしょうか? これも勇気と言えば勇気です。しかし、それは間違った勇気、変な勇気です。罪を犯す直前、人間はとても大胆になります。警告されましたが、無視して、大胆に悪に走ります。後になって、取り返しがつかないのに、後になってとても後悔するくせに、罪の瞬間、とても大胆になります。その間違った勇気は一体どこから来て、いつから始まったのでしょうか? 創世記3章を見るとアダムとエバが善悪の知識の木の実を食べる直前、変な勇気がありました。「大丈夫だろう、死なないだろう、何とかなるだろう」


2.真理を偽りに変える(間違った能力)
 神は人間を真実なものとして造られましたが、人間は偽りの者に変わりました。人間は真理である神を捨て、自分自身が神になろうとしました。人間は自分自身を拝んで、創造主を捨てました。人間には真理を偽りにすりかえられる変な能力があります。これも能力と言えば能力です。普通の頭ではすりかえることも出来ないずる賢い才能です。この能力はどこから来たのでしょうか。いつから始まったのでしょうか? 危険を感じた瞬間、真理を偽りにすりかえられるおかしい能力、とても怖いです。アダムもエバも、罪を犯したとき、すぐ他人のせいにする場面を見ても同じです。一瞬にして、責任を隣の人に転嫁しました。「あなたが下さったこの女が」、「蛇が」

 神様に叱られるのが怖くて、自分がやってしまったことに責任取れないので、一瞬の間、他人のせいにして、責任から逃れる速さ、能力。普通の頭では出来ない能力と言えば能力ですが、なぜ、私たちにこの変な能力があるのでしょうか?


3.自然の関係を不自然なものに代える(間違った性欲)
 自然的な欲求を不自然に変えることです。ここには性的なことがたくさん書いてあります。人間には性的な欲求があります。子孫のために神様が下さいました自然的なものです。しかし、人間はアダムの罪の後、性的な欲求が他の被造物に比べると驚くほど増加しました。動物は繁殖期以外には性的な欲求がそんなにないようです。しかし、人間には、特に若い人には性的な欲求が常に溢れています。「互にその情欲の炎を燃やし」という表現を使うくらい情欲に満ちています。ですから、その情欲があまりにも激しいので、それを満たすためにとんでもない罪まで犯しました。当時はギリシャとローマに同性愛が流行っていたようです。しかし、ここで、同性愛の問題に関して語ろうとしているのではありません。人間の罪がどれほど恐ろしいものなのかを創世記3章を通してみたいと思います。人間の罪は何か、その罰がどれほど恐ろしいものなのかをもう一度見たいと思います。


4.真を偽りに変えた罪の始まり
 善悪の知識の木は何でしょうか? その実を食べると善と悪を知ることになりますか? その果物の中に善と悪の成分が入っていて、それを食べると善と悪を知ることになるのでしょうか。それはまずありえません。善と悪を決められるのは誰でしょうか? それは天地万物を造られた神しかいません。ですから、神様は善悪の基準を定められました。創造主神が人間を造られた理由は、人間が神を賛美し、礼拝するものとなることでした。そのために、神のかたちに、神にかたどって造られました。神は人間に他の被造物とは比べ物にならないくらいの能力をくださり、大胆に神に近づくことが出来ました。人間がその能力を使って、神様を賛美し、礼拝するのが善です。反対に神様の声に逆らい、従わないのが悪です。神様が善と悪の基準です。神様が善と悪の基準を決められました。

 しかし、サタンは人間をそそのかして、「なぜ、神だけが善悪の基準になるのか。アダムよ、エバよ、あなたたちが善悪の基準を決めればいいのではないか。善悪の基準を決められる者は神になるのだ。これからあなたが善悪の基準を決め、神になりなさい。」

 その誘惑にアダムとエバは自ら善悪を決める存在になろうと決断しました。自ら神になろうとしたわけです。これが罪の始まりです。罪は善悪を自ら勝手に決めることです。私たちも毎日この罪を犯しています。聖日の礼拝出席の基準を自分で決めています。献金を自己判断で決めています。その他にも平日の生活の中、数えきれないほどあります。私の人生なのに、私の時間なのに、私のお金なのに、私の所有だから自分勝手にしたい。自分がやりたいことをやるのが善だと惑わされています。自分がやりたいことが出来ないのが悪だと惑わされています。自分が現在やりたいことがあっても、主に委ね、主に従いなさいと教えると「なぜ」と反発しながら怒りますが、それを罪と言います。ですから、私たちは実は、毎日深刻な罪を、数えきれないほど犯しています。倫理的な罪ももちろん深刻ですが、実は自分自身が神のように善と悪を自分の都合に合わせて勝手に決めるのが何よりも一番深刻な罪です。


  皆様にとって善悪の基準は誰ですか、自分自身ですか? 神様ですか? 神様に従いますか? 自分で勝手に決めますか? 善悪の基準を自分で決めたい理由は神よりは自分自身を愛しているからです。善悪の基準を自分で決めている人に、神を愛することは重荷です。しかし、神に従う人は喜んで神を愛します。



  東京教会は日本イエス・キリスト教団に本部を置く、プロテスタントの教会です。
  ものみの塔(エホバの証人)、統一教会、モルモン教でお困りの方はご相談下さい。