このサイトに関する問い合わせ、
ご意見、ご要望は管理人まで 
2017年6月25日

コリント人への第一の手紙 3章16節


                     < 神の住まいである聖徒 >


 天地万物を造られた私たちの神はどこに宿っておられるのでしょうか?


1.神の住まいである教会
 
神が宿っておられるのは私たちの中です。
Iコリント3:16 「あなたがたは神の宮であって、神の御霊が自分のうちに宿っていることを知らないのか。」
 私たち一人一人が神の住まいです。また、私たちの群れの中に聖霊の神が宿っておられます。


2.神の住まいを造られるイエス様のお働き
 イエス様の主な働きは十字架と復活です。十字架と復活を信じる人は神の民となります。神の民を形成するのがイエス様の主な働きです。イエス様を信じる民の中に神は住まわれます。ですから、イエス様の主なお働きは信徒の群れの中に神の住まいを造られることだと言っても過言ではありません。

(1)イエス様がバプテスマヨハネから受洗された時、聖霊がイエス様にくだりました。
マタイ3:16
 聖霊が鳩のようにイエス様にくだりました。バプテスマヨハネによりますとイエス様は聖霊によってバプテスマを授けるお方です。イエス様は聖霊に満たされていました。聖霊はイエス様の中におられ、神のみわざを行いました。しかし、イエス様を通して働かれる聖霊のお働きには制限がありました。なぜなら、イエス様ご自身が肉体によって時間と空間の制限があったからです。その理由でイエス様もこのようにおっしゃいました。ヨハネ16:7

(2)イエス様の昇天の後、弟子たちに来られた聖霊様
 イエス様に宿われた聖霊様が、今度は弟子たちのところにくだり、働きました。聖霊様は弟子たちにいつくだりましたか? イエス様が天に昇られるまで聖霊は弟子たちにくだりませんでした。なぜなら、救いのプロセスにおいて、イエス様の働きが終わって、救われる人々の上に聖霊が来られるからです。イエス様が十字架のお働きが終わって復活され、天に昇られてから、聖霊様が来られました。それでは、弟子たちがたまに行った癒しや悪霊を押し出したことはなぜでしょうか? その時、聖霊は弟子たちを通して働いたことは確かです。ですから、弟子たちも悪霊を追い出し、病をいやすことが出来ました。しかし、聖霊がずっと住まわれたわけではありません。旧約にも神の霊に満たされ、神の御業を行った預言者がたくさんいましたが、聖霊がずっと住まわれたわけではありません。聖霊はイエス様が働かれる時にはイエス様の中に宿っておられました。しかし、イエス様が天に昇られてからは弟子たちにいつまでも住まいとして宿るためにこの地に正式にくだりました。それがペンテコステです。聖霊様は教会の信徒の群れを神の住まいとし、いつまでも一緒におられます。


3.神の住まいに相応しい生活
 私たちが神の住まいになりましたので、神の住まいに相応しい生活をしなければなりません。神の住まいとして相応しい生活とは他ではなく、きよく生きることです。きよく生きる意味は何でしょうか? きよめというと倫理的なことをまず思い出しますが、倫理的にきよく生きることはまだ初級のレベルです。倫理的なきよめは当たり前です。神が求めている神の住まいに相応しいきよめは心の中の偶像を造らないことです。私たちは倫理的にはきよくても、心の中にはあらゆる偶像があります。神以外の色々のものを頼りにしたり、神よりも大事なものがあったりするのが偶像です。サタンも人間の心の中に住まいを設けようとします。サタンが人間の心に住まいを設ける方法はお金の欲望、兄弟への憎しみ、神への恨み、この世の心配などです。このようなものがあるとサタンは住みやすいです。私たちは十字架の愛によってこれらのものを心から追い出さなければなりません。


4.聖霊なる神の住まい:信者の真の価値
  信者の価値は聖霊なる神の住まいであることにあります。神が造られたすべての被造物の中で神の住まいになっているのは唯一、人間だけです。神は天地万物どこにもおられますが、そこは住まいではありません。神が天使の中に宿ることはありません。神が宿る住まいと決めたのは唯一、人間だけです。私たちの中に聖霊なる神が宿っておられます。聖霊なる神が私たちを住まいにしました。聖霊なる神が宿っている人は誰よりも貴重な者です。


  東京教会は日本イエス・キリスト教団に本部を置く、プロテスタントの教会です。
  ものみの塔(エホバの証人)、統一教会、モルモン教でお困りの方はご相談下さい。