このサイトに関する問い合わせ、
ご意見、ご要望は管理人まで 
2017年8月20日

マルコによる福音書 5章21〜43節

                   < 同じ十二年、違う十二年 >


 二人の女性の共通点は同じ12年という数字です。12年という数字には特別な意味があるのでしょうか? 単なる偶然でしょうか? 12年間の病をわずらった女性と12才の少女がどんな関係があるのか、私たちは分かりませんが、せいぜい、二人が過ごした12年を推測して見ることはできます。彼女たちはどんな歳月を過ごしたのでしょうか?


1.同じ時間、違う感じ
 二人の女性に神からの同じ12年がありました。ところが、二人が過ごした同じ12年というものは全く違うものです。二人が過ごした12年は一秒の差もございません。しかし、彼女たちが心で感じる時間はあまりにも大きな差がありました。時計と心で感じる時計のスピードが全然違います。一人はあまりにも長いと感じています。もう一人はあまりにも早いと感じています。二人とも同じ時間なのに。

(1)12年間、重い病を持っていた女性に取って12年というのはあまりにも長い歳月でした。肉体が痛い人に取って一日、24時間は長く感じます。
25節に「12年間にも」と書いてあります。彼女の苦しい心を旨く表した表現です。
26節に「医者からさんざん苦しめられ、持ち物も全部費やしてしまって」と書いてあります。お金もなくなりました。皆が彼女から離れて行きました。望みが完全になくなりました。長い病は人の人格や、性格、価値観を変えます。不信仰になります。消極的になります。否定的に考えます。なぜこんなに長いのか、彼女に取って12年は120年のように長く感じたかも知りません。

(2)12才の少女にとって12年はあまりにも早い時間でした。
 その少女と家族に取って特にお父さんヤイロにとって12年はあまりにも短い時間でした。ヤイロにとってこの少女の存在は喜びそのものだったと思います。その理由として22−23節を見ますとヤイロはイエス様に来て「足下にひれ伏し」「しきりに願いました、一生懸命に」娘を亡くしては生きていられない、娘が生きるためなら何でもやる人でした。ヤイロは23節で12才の娘を「幼い娘」と言っています。ヤイロにとって12歳の娘はいつまでも幼い子どもです。しかし、弟子たちの目には42節を見ますと「12才にもなっている」成人でした。弟子たちの目には12才の成人ですが、ヤイロの目にはいつまでも12才しかなっていない幼い子供でした。

 そのくらい可愛がったでしょう。父ヤイロに取って娘と過ごした12年間はあまりにも短い時間でした。あまりにも短い幸せでした。私たちはヤイロの気持ち、十分理解出来ます。親にとって自分の子はいつまでも幼い子供です。二人とも神に不満でした。一人は12年間があまりにも長かったので不満です。「治る時間を早めて下さい」
もう一人の女性はあまりにも早く人生が終わったので不満です。「こんなに早く終わった。」


2.違う過去と同じ未来
 二人の女性はそれぞれ違う生活でした。全然違う12年間を過ごしました。一人はあまりにも不幸せでしたが、一人は普通の幸せでした。一人はあまりにも長い時間でしたが、もう一人はあまりにも短い時間でした。一人はあまりにも辛い人生の道のりでしたが、もう一人は平凡な道のりでした。一人にはお金がありませんが、一人にはお金がありました。一人は家族からの愛がありませんでしたが、一人には家族から愛されました。一人は死んでも泣いてくれる人すらいませんでしたが、一人には大勢の人々が泣きました。二人は全く出会うことのない関係でした。一人は会堂に近づくことすら出来ない人でしたが、もう一人はお父さんが会堂司でした。こんなに二人の女性は違うことばかりです。

 しかし、二人とも後に幸せな人に変わります。二人は主にあって人生が変わりました。しかも同じく幸せの人に変わりました。まず、一人が主に繋がって、もう一人がその後、主に繋がって、二人とも互いに繋がることになりました。
27節「み衣にさわった」とたん主に繋がりました。永遠の命、癒しの力がイエス様から女に流れました。
41節「子供の手を取った」とたん、もう一度新たな命が流れました。

 彼らは別々にイエス様に繋がりました。別々にイエス様に出会いました。別々にイエス様を信じて救われましたが、主にあって同じ神様の子供になりました。イエス様と出会うことによって彼らの未来が変わりました。

 しかも幸せの未来に変わりました。一人には苦しみ終わり、幸せが始まりでした。もう一人には幸せが続きました。最初の二人は全く違う人生を過ごしましたが、イエス様と出会うことによって同じ幸せの生き方に変わりました。


3.私たちの過去の十二年と未来の十二年
  人生において12年という時間は長いです。しかも重要な期間です。私たちもすでに12年間を使いました。これからは新しい未来が始まります。私たちはこれからの12年間、どうなるのでしょうか?


  東京教会は日本イエス・キリスト教団に本部を置く、プロテスタントの教会です。
  ものみの塔(エホバの証人)、統一教会、モルモン教でお困りの方はご相談下さい。